スマート技術員(技術士第二次試験受験者を応援)

建設部門(道路科目)を中心に情報提供しています。10月より口頭試験対策及び筆記試験対策を始めます。

【技術士第二次試験問題 必須科目Ⅰ】 【インフラ維持管理・更新関連】の骨子案

骨子案の概要を簡単に紹介。

(詳細は自分で調べてください。それが知識と変わります)

骨子案は他にもたくさんありますので、あくまでも参考程度に。

 

 

【インフラ維持管理・更新関連】

 

課題(問題)抽出

①老朽化したインフラを適切に維持管理・更新したい

②維持管理の高度化・効率化を進めることで、よりレベルの高いサービスを提供したい

③確実・丁寧な除雪作業を実施したい

④効率的な補修計画を立案したい

 

課題分析(背景、要因、原因)

①従来の事後保全ではコストが高い 維持管理情報を紙ベースで管理する自治体が多くデータが整理・共有できない

②道路除草や清掃などの人手・予算が足りない 現在の道路巡回作業は非効率な部分が多い

③熟練オペレータ不足

④現地測量を実施し、台帳関係を管理するなど時間が掛かる

 

解決策

①a)予防保全に転換 b)維持管理情報のデータベース化(インフラメンテナンス2.0)

②a)民間団体等との連携を強化した維持管理 b)ICT・AIなどの新技術の積極的な活用

③除雪作業の装置の自動化

④ICT、AIを活用した新たな維持管理システム

 

新たに生じるリスク

①②③④小規模な地方自治体の体制では対応が困難

 

リスク対策

①②③④国などによる支援、包括的民間委託、国土交通データプラットフォーム

 

 

これらの情報をベースに、ご自身なりのオリジナルの骨子を完成させてください。

単純にこれを丸暗記しても試験本番では対応できません。

以上、参考になったのであれば幸いです。