スマート技術員(技術士第二次試験受験者を応援)

建設部門(道路科目)を中心に情報提供しています。10月より口頭試験対策及び筆記試験対策を始めます。

【技術士第二次試験問題 必須科目Ⅰ】 【生産性革命関連(その1)】の骨子案

骨子案の概要を簡単に紹介。

(詳細は自分で調べてください。それが知識へと変わります)

骨子案は他にもたくさんありますので、あくまでも参考程度に。

 

 

【生産性革命関連(その1)】

 

<次世代モビリティの推進/スマートシティの推進>

 

課題(問題)抽出

①地域コミュニティ(医療・福祉・商業施設等)へのアクセス確保

②早期の減災行動につながる災害情報の不足

③過度に自動車に依存しなくても移動しやすい社会の実現(自家用車依存型社会における交通弱者の移動制約や不便さの解消)

④都市部における駅の混雑等の解消

⑤離島地域における交通、防災、観光、医療・教育の遅れを解消

 

課題分析(背景、要因、原因)

①地方部を中心に移動手段が減少 高齢者の安全・安心な足の確保ができていない 観光客の利便性の高い周遊手段の確保ができていない

②災害情報のリアルタイムな共有ができていない 災害情報を容易に閲覧できない 災害情報が集約されていない 最適な避難誘導経路がわからない 災害情報を即時に把握できない

③高齢者等は、特に地方部を中心に自家用車に大きく依存 地方部のバス・鉄道等の経営状況は厳しく、運転手不足も顕著

④急激な人口増加やインバウンド増加

⑤島内移動環境が未整備 防災体制が弱い 観光客の混雑 生徒のコミュニケーション不足 

 

解決策

①a)クルマのICT革命(自動運転) b)グリーンスローモビリティ c)MaaS

②a)防災・減災分野におけるスマートシティの実現 b)ドローン活用による災害情報収集

③a)持続可能な地域交通を確保(公共交通ネットワークの再編) b)データ連携基盤とユニバーサルインフラを構築し、モビリティイノベーションによる新たな統合型移動サービスを実現

④スマートターミナルの整備

⑤スマートアイランド

 

新たに生じるリスク

①②③④⑤地方自治体はノウハウ不足、コスト不足など

 

リスク対策

①②③④⑤国の支援、選択と集中、PPP/PFIなど

 

以上、参考になったのであれば幸いです。